HOME特集記事 > 給食探検隊 歩み編

給食探検隊歩み編

近藤 一夫さん
※昭和33年 牛乳給食はじまる

 日本での給食は明治22年、山形県鶴岡町の私立忠愛小学校で貧困児童に昼食を与えたのが起源とされています。
 当時の献立は「おにぎり・塩鮭・菜の漬物」でした。その後、戦中戦後の食糧難による児童の深刻な栄養不足が背景で昭和22年に全国都市約300万人に対し学校給食が始まりました。当時の献立は汁物が主でしたが、2年後に「ミルク(脱脂粉乳)・実だくさん汁物」になり、昭和26年頃から「ミルク・コッペパン・おかず」の給食が始まります。昭和33年に「牛乳」も飲用され始め、昭和40年代には「揚げパン」や「ソフトめん」「ミートスパゲッティ」などの定番メニューが登場しました。昭和50年代には米飯給食が開始し、以後「カレーライス」「グラタン」「ビビンバ」「炊き込みご飯」など多彩なメニューになりました。現在ではデザートも定番化し、地域の特産物の使用や郷土料理など地域と密着した献立作りが行われています。

出典/財団法人 北海道学校給食会 各種資料

 

バックナンバーはこちら

学校給食ごはん Vol.15

Vol.15 - 2017夏号
好評配布中!

配布先・
設置店舗のご案内

バックナンバー

寄付金のお願い本誌は、皆様から寄付を
頂き発行をしております

ご寄付ありがとうございました

東洋食品株式会社
北海道支店

広告募集
Facebookページもチェック! Twitter @codomogohanをフォロー