HOME特集記事 > じゃがいもが、来た道。〈第2回〉

じゃがいもが、来た道。〈第2回〉

※明治期(明治41年)川田龍吉男爵がイギリスから導入した「男爵いも」は、いまや秋野菜の代表的な品種です。明治期、開拓農民によって全道に広まった「馬鈴しょ」。北海道は、いまでは日本一の大産地となり、その中でも、後志地区、十勝地区、北見・網走地区が作付け、収穫量ともにその多くを占めています。

じゃがいもの産地 北見の歴史

 全道の三大産地のひとつ北見地区では、明治30年頃の屯田兵の入植・開拓時からじゃがいもの栽培が始められており、「五升芋」と呼ばれるほど収量があったため、農業経営面でも重要な作物となりました。

 その後、耕作地が馬鈴しょ栽培に適していたこともあり、継続的に栽培され続けてきましたが、昭和40年代の食用馬鈴しょの出荷設備の充実や45年に開催された大阪万国博覧会景気の影響で、一気に食用馬鈴しょが増産されました。

 現在では、代表的な品種である男しゃく以外にも様々な品種が栽培され、全道の作付面積の約20%を占める産地となっています。

人気の北海道産じゃがいもに
ニューフェース登場。

 北海道を代表するブランド野菜であるじゃがいもが、近年ますますバラエティ豊かになってきました。

 北見地区では次世代のスターとして期待している「スノーマーチ」が盛んに栽培されています。オホーツク管内訓子府町や北見市で北見農業試験場(訓子府)が開発した新品種で「そうか病」やジャガイモシストセンチュウなど特有の病害虫に強いのが特徴で、その名のとおり、中身は雪のように白く、皮むきの後の黒ずみもすくない。「男しゃく」と対比すると分かりやすく、デンプン価はより高く、肉質はなめらかな食感で煮崩れしにくく、凹凸が少ない楕円形で皮が剥きやすい、など味や使い勝手のよさが大きな特徴の品種です。

◀「第1回」はこちら

学校給食ごはん Vol.15

Vol.15 - 2017夏号
好評配布中!

配布先・
設置店舗のご案内

バックナンバー

寄付金のお願い本誌は、皆様から寄付を
頂き発行をしております

ご寄付ありがとうございました

東洋食品株式会社
北海道支店

広告募集
Facebookページもチェック! Twitter @codomogohanをフォロー