HOME特集記事 > 地産給食 生産者Letter 第1回(学校給食ごはん Vol.1 - 2012 秋号掲載)

地産給食 生産者Letter第1回

JA北いしかり・南瓜生産者組合長/当別町
近藤 一夫 さん

ほこほこい、地元のカボチャをたらふく食べてほしい。

近藤 一夫さん

 

札幌市の学校給食には、札幌近郊の畑で元気に育った野菜たちがたっぷり使われています。
それは、石狩地区の5つのJAが取り組む「さっぽろハーベストランド」の目的でもあり、その一つであるJA北いしかりのカボチャづくりの名人を当別町に訪ね、地元で収穫したものを地元で食べる、地産地消。
札幌市学校給食会との取り組みも3年目を迎えます。
お話を聞いてきました。

食材の安定供給をめざす、学校給食会。

 最初に訪ねたのは、当別町の北石狩農業協同組合の選果場。この日は、札幌市学校給食会と組合担当者による、今年のカボチャの収穫状況について話し合いが行われました。学校給食会とは、札幌市内の学校給食で使われる食材を一括購入しているところ。「さっぽろハーベストランド」などできるだけ地場のものを使う地産地消と、年間を通じた食材の安定供給に取り組んでいます。農協側からは、「今年のカボチャは小玉が中心ながら、大きな病気の発生もなく、ほぼ順調な作柄」との報告がありました。給食会の希望は「12月の終業式まで使いたい」。ということで、最盛期の10月下旬までは「エムテン」、その後は冬至用としても使われる「パウダーパンプキン」という2つの品種を併用することが決まりました。

1日に約2,000個のカボチャを収穫!

 選果場を後にし、スウェーデンヒルズをしばらく過ぎた丘陵地に、近藤一夫さんの畑はありました。この辺り、以前は酪農家が点在していたところ。近藤さんの家も酪農を営んでいましたが、いまはカボチャづくり一筋。見渡す限りの広大な畑です。「実際はこの3倍くらいあるけどね。(笑)畑の状態や出荷期間を調整するために、エムテン、九重栗の黒と白(黒皮と白皮のこと)、栗五郎、パウダーパンプキン、それにミニカボチャの坊ちゃんなど、出荷時期の違う5、6種類の品種をつくっています。今年は雨が少なくて小玉が多いけれど、実際は、多少干ばつ気味の方が甘くておいしいカボチャができるんです」
 最盛期の1日の収穫量という質問には、「1日4、5トンかな。家内と息子と3人でやります」と近藤さんはさらりと言うが、ちょっと計算してみましょう。カボチャの重さは大体1個1.5キロから2キロですから、1日平均でおよそ2,000個?!
 「ひとつひとつヘタを切り落とし、通気性の良い倉庫で10日間ほど乾燥させてから出荷します」これをすべて手作業で行うわけですから、大変な重労働。もったいなくて、食べ残すなどということはできませんね。

子どもたちへ伝えたいこと。

 カボチャは栄養面から見ても、カロテン(ビタミンA)、ビタミンC、カリウム、鉄分などを豊富に含む緑黄色野菜の優等生です。近藤さんからのカボチャ自慢は?
 「エムテンは甘みがあって、舌ざわりがいい。パウダーパンプキンはその名の通り粉質系でほこほこしています。天ぷらなどに合いますね。本州産のカボチャは煮るとペチャッとなるけど、北海道のカボチャは栗のようにホクホクしています。また、昼夜の寒暖差が大きい気候のおかげで糖度も高いんです。地元のおいしいカボチャをたらふく食べて健康に育ってもらいたいですね」

生産者を囲んで南瓜の作柄など伺う。
JA北いしかりの職員方々と打合せ。

いくつご存ですか?カボチャの種類

エムテン
エムテン
鮮やかな濃黄色で肥大性のよい大玉多収品種です。
果肉質/やや粘質 貯蔵性/やや低い
料理法/煮物など
味平
味平
果皮の色濃く良食味のカボチャです。
果肉質/強粉質 貯蔵性/やや高い
料理法/蒸し物 ポタージュなど
坊ちゃん
坊ちゃん
食味の良いミニカボチャです。
果肉質/粉質 貯蔵性/低い
料理法/詰め物
雪化粧
雪化粧
貯蔵性の高い白皮 ほこほこ品種です。
果肉質/極強粉質 貯蔵性/高い
料理法/蒸し物 ポタージュなど
パウダーパンプキン
パウダーパンプキン
甘みが強く、ホクホク食感の品種です。
果肉質/強粉質 貯蔵性/高い
料理法/煮物など
くりふぶき
くりふぶき
大玉の粉質系品種です。
果肉質/強粉質 貯蔵性/低い
料理法/蒸し物 ポタージュなど
えびす
えびす
日本で一番出回っている主要品種です。
果肉質/やや粘質 貯蔵性/低い
料理法/煮付けや味噌汁
農協/ホクレン/北海道産青果物拡販宣伝協議会
インタビュー・文/三浦清隆    写真撮影/寺沢写真スタジオ

 

バックナンバーはこちら

学校給食ごはん Vol.15

Vol.15 - 2017夏号
好評配布中!

配布先・
設置店舗のご案内

バックナンバー

寄付金のお願い本誌は、皆様から寄付を
頂き発行をしております

ご寄付ありがとうございました

東洋食品株式会社
北海道支店

広告募集
Facebookページもチェック! Twitter @codomogohanをフォロー