5ねばり「受験生の味方、長いもパワーで疲労回復」

長いもといえば独特のねばねばが特徴ですが、これは納豆やおくらにも共通するムチンという栄養成分によるもの。タンパク質の吸収を高め、胃などの粘膜を保護し、消化にもよく、さらに疲労回復効果があるとされています。まさに、ねばねばパワー全開、受験生やお母さんにとって頼もしい味方となるムチンです。ほかに、カリウムは体内の余分な塩分を排出してくれます。サポニンは血中コレステロールを抑えてくれます。アミラーゼはでんぷんやグリコーゲンの消化を促進します。さらに、ディオスコリンという栄養素がインフルエンザに強いという研究結果が発表されています。

そのほかにも、精神を安定させるカルシウムをはじめリン・亜鉛・鉄などを含むミネラル類、糖の代謝を助けるビタミンB群や、ビタミンC、ビタミンEなど頭と体をねばり強くするたくさんの栄養素が勢ぞろい。昔から疲労回復や虚弱体質改善など滋養強壮作用が期待される食材として、長いもが“畑の卵”とも“山のうなぎ”ともいわれてきたゆえんです。

長いもの効果

長いもには滋養強壮に効き、さらにムチンなど粘り成分により疲労回復効果があります。身体の疲労だけでなく、神経を使っている受験生は胃腸にも負担がかかります。ジアスターゼなどの消化酵素の働きも胃腸の働きを助け、食物繊維が胃の粘膜を守ってくれます。

それにより、体全体のトータルの疲労回復効果が期待できます。

豚肉に含まれるビタミンB1をとることでダブルの効果で疲労回復を期待できます。

長いものステーキ 豚肉と高菜のピリ辛あんかけ

長いもを使った「食べる脳力レシピ」

長いものステーキ 豚肉と高菜のピリ辛あんかけ

厚切りの長いもをステーキのように焼き、上から豚ひき肉と高菜を炒めたあんかけをかけて仕上げます。

レシピはこちら >>